2019/04/02(火)

【環境省】平成30年度地中熱利用状況調査の結果

平成30年度地中熱利用状況調査結果が、環境省より発表されました。

 

 地中熱は、天候や地域に左右されない安定した再生可能エネルギーとして、空調、給湯、融雪などの

多様な用途に用いられ、省エネルギー、二酸化炭素排出抑制による地球温暖化対策、ヒートアイランド

対策に寄与します。

 環境省では、平成22年度から2年毎に全国の地中熱利用システムの設置状況を調査しています。今般、

平成30年度に実施した調査の結果を取りまとめました。

 2018年3月までの地中熱利用システムの設置件数は7,748件で、前回調査(2016年3月までの件数)の

6,877件から871件(12.7%)の増加となっています。

 

添付資料

最近の更新