2019/11/12(火)

エアコン暖房の省エネ・節約術

省エネや節約を実践しながら、快適に過ごすためのポイントについて紹介していきます。

ポイント1 暖めすぎはムダ!

ウォームビズでは、暖房時の室温を20℃にすることを推奨しています。

 

ポイント2 窓などの断熱をしっかりと!

せっかく部屋の空気を暖めていても、ドアの隙間や窓などから暖かい空気が室外に逃げてしまう状態では、電気代

がどんどんかかってしまいます。

 

ポイント3 室内の空気を循環させる!

暖まった空気は部屋の上部へ、冷たい空気は部屋の下部に溜まりやすい性質があります。扇風機やサーキュレータ

ーで、上手に室内の空気を循環させるのも、エアコン暖房の効率を上げるテクニックです。

 

ポイント4 加湿器を活用する!

冬の外気は乾燥していることが多いですよね。エアコン暖房は空気を汚さないのがメリットのひとつですが、暖め

た空気はやっぱり乾燥しています。室温は同じでも、湿度が上がると体感温度が高くなります。加湿器を活用する

などして室内の湿度を高めると、暖房の設定温度を抑えても快適に過ごしやすくなります。一般的に、室内の湿度

は40〜60%程度に保つのが快適(※)であるとされています。

 

ポイント5 きちんと手入れして節電!

エアコンのフィルターがホコリやゴミで汚れたままの状態だと、エアコンの効きが悪くなります。

冬になって暖房運転で使用する前に掃除などのメンテナンスをしましょう。そして、シーズン中もできれば月に1

回程度を目安(機種によって違いもあるので取扱説明書などを確認の上)にして、フィルターの掃除などを心掛け

ましょう。

 

以上 エアコンによる暖房の効率を上げるテクニックで省エネや節約を実践しましょう。

                                 環境省「ウォームビズ」について より

最近の更新