2013/11/29(金)

感謝のメッセージ

ここにご紹介する文章は、2007年12月25日に行なった
「ライトダウンinやっちろ」の時に、「FMやつしろ」と「ごろっとやっちろ」に
寄せられました、たくさんの「ありがとう」メッセージの一部です。
このような素敵なメッセージを今年もお待ちしております。
サンタさんへ
サンタさんプレゼントありがとうございました。プレゼントのヘリコプターですぐ遊びました。質問ですが、どうしてソリのあとと雪があったのに、トナカイの足跡(あしあと)がないんですか?来年もプレゼントお願いします。そして、プレゼント配りお疲れ様でした。では、ぼくから、Merry Christmas                               たろうより

生まれてきてくれてありがとう
先日、我が家にかわいい女の子を授(さず)かりました。
結婚6年目のわたしたちには、大きな財産をいただいた思いです。
 1歳の誕生日には、ケーキに1本ロウソクをつけて、2歳で動物園にキリンを見せに行こう・・・次から次にやりたいことが浮かんできます。同時に、父や母に感謝し、授かった命であるわが子を大きく育てたいと思うわけです。
我々のもとに生まれてきてくれてありがとう!             植柳ランダース

天国の母へ
主人が急に亡くなったとき、3人の子供は育ち盛りでした。主人が生きていた時に思いもしなかった人々の裏切り!また、母子家庭に対し軽く扱われた時、子供は今に大人になる!教育はしっかりしなければ!と今は亡き母と話し合い、子供3人とも奨学金(しょうがくきん)をもらい、大学で勉強できました。
母子三代、苦労した甲斐(かい)があり、三人の子供たちは世間から見ても親孝行もので、私は幸せです。これも皆、先祖のお陰だと感謝しています。
鏡町・玉枝

天国のお兄ちゃんにありがとう 
   
ぼくは、事故で亡くなったおにいちゃんの生まれ変わり、と心に念じたお母さんに「命」をもらいました。 家族のみんなに大切に育ててもらっています。
だから、この「命」を大切にします。お父さん、お母さん、お兄ちゃん達、おばあちゃん達、
みんなにありがとう!                        小学6年 秀

我が母ちゃんへ!
結婚して33年になります。結婚して7回引っ越しています。それでも懲(こ)りずに、単身赴任(たんしんふにん)生活が15年目になります。
その間、3人の子供達は皆、学校を無事卒業し、就職しました。そのうち2人は結婚しました。3人とも、関西や関東にいってしまい、我が家は妻と猫一匹です。
最近、閑古鳥(かんこどり)という鳥がやってきて、棲(す)んでいるみたいです。
家庭をあまり顧(かえり)みず、無事ここまでやってこれたのは、一重に、我が母ちゃんのお陰(かげ)だと思います。でも、とても、本人の前では言えません。私にも変なプライドがあります。そこで、この場を借りて、一言お礼を母ちゃんに言いたいです。
「母ちゃーーーーん ありがとう!」まだまだ、これからも迷惑をかけます。
これからも仲良く喧嘩(けんか)していこうな!             単身赴任男性

八代養護学校の皆さんへ
私はボランティア活動を通して皆と接する中で、特別支援(とくべつしえん)の学校教諭になるという夢を持つことができました。皆に初めて会ったとき、私には微笑(ほほえ)みかけることしかできなくて、自分のふがいなさを感じました。
でも、みんなは、たとえ会話ができなくても懸命(けんめい)に気持ちを伝えようと表情や動作で示してくれたね。 みんなのそんな姿から、私は、相手を理解しようとする気持ちの大切さを学びました。私もそんな人間になりたいと思うようになりました。
ありがとう!みんなの笑顔、何事にも前向きに頑張る姿はキラキラ輝いていて、励みになりました。おかげで希望する大学の教育学部に合格することもできました。
みんなへのありがとうの気持ちは日々溢(あふ)れるばかりです。
素直な心をありがとう。笑顔をありがとう。
みんなとの出会いにありがとう。                八南高3年  麻紀   

友人へ
くだらない恋の話とか悩みなんかを聞いてくれて「お前ってバカだよな」って言って、なんだかんだで背中を押してくれる友人にありがとう!お互い相容れないところもあるけど結構
感謝しています。                           ケイ

 三人の子供たちへ・・
僕の子供に生まれてきてくれて、ありがとう!   君たちのお陰でどれだけ勇気が出たことか!
どれだけ知恵がわいたことか!          どれだけ愛を考えたことか!
君たちがいなかったら、今のお父さんはいない。君たちを育てることで、お父さんも育てられて
いるんだとつくづく思う。
世のため、人のためになって、人を幸せにして・・・・神様のお役に立ってください。
お父さん菌

「生涯
(しょうがい)の連れ合い」へ
  良き理解者として私を活かし、35年間も支えてくれてありがとう。
職業人、母、嫁、娘、妻の5つの立場に時間を振り分けながら走り続けてきた私ですが、時間が足りない時は妻の立場を後回しにさせてもらいました。あなたに一番安心していたからです。
あなたの親と同居の身でしたが、「命と信頼」を実践(じっせん)していると言って、火の粉を振り払い、実家の親まで面倒見させてくれたあなたの大きな愛に、心から感謝しています。
子供たちも巣立ち、4人の親も看取ったこれからは、共有できる時間の中で恩返しさせていただきますね。今、人間的に尊敬できるあなたがここにいるだけでありがたく、幸せに思います。

孫にありがとう!
ロウソクの灯り、この小さな炎を囲んでの
15分間、家族がまたひとつの輪になりました!
楽しませてくれる孫にありがとう!

お父さん・お母さんへ
普段は照れくさくていえないけれど、父と母に心から「ありがとう」と伝えたいです。
いつも反発ばかりして困らせている私ですが、心の中ではいつでも愛情を求めています。
 大人になったら、いつでもわがまま聞きたいと思っています。それまでまってて下さい!そして、私の周りの友人たちにも感謝しています。
本当に私をここまで成長させてくれてありがとう!         素直じゃないバカ娘より
八代市の東部、球磨川の右岸に位置する採石場が私の勤務地です。
採石場と言えば、建物や道路などの施設を作るためには、必要産業と思いながらも、自然環境を破壊(はかい)しているという矛盾(むじゅん)は常に私の心の中にありました。
ある時、樹木を切り、表土を除去し、岩石だけになった岩壁を見ていると、当然、生き物の姿などないものと思っていた所に、鳥が飛び交い、子育てしている巣がありました。それ以降、興味を持って観察し始めると、採石場の中で色々な動物を発見することができました。
ヤマセミ、カワセミ、セキレイ、ミサゴ、ハヤブサなどの多数の鳥類や、野うさぎ、イタチ、シカ、イノシシ、タヌキ、ムササビなど、動物たちは採石場の森や岸壁、建物を利用し、したたかに生きていました。
そんな話を働いている仲間にしたところ、彼らはあたりまえの様に動物たちに色々な配慮(はいりょ)をしながら共存していました。樹木を切ったら、すぐ種子をまき、植栽ができるところへすぐ苗木(なえぎ)を植える。発破(はっぱ)する場所に鳥の巣を見つけると、ひなの巣立ちまで待ち、重機(じゅうき)やダンプに巣をかけると同じく、ひなの巣立ちまで車両を動かさない。また建屋のスレートが破損し
た穴からムササビが出入りしていると、そこは修繕しないで、付近に近づかないなど、自然を壊して申し訳ないとの気持ちがそうさせているのかもしれませんが、動物好きの私にとっては思いもよらぬ話でした。
採石場は、採石が終了したら森林に復元しなければいけません。その為、全社員で種子まき運動、社員ひとり一本植栽(しょくさい)運動、花の苗(なえ)植栽運動、他、自然環境保全運動、ライトダウンへの参加など積極的な取り組みを展開しています。
全社員、ひとりひとりが当然のように活動できるのは、動物や植物は言うまでもなく、自然に対する優しい気持ちがあるからだと思っています。そんな仲間と一緒に仕事ができる事が私の誇(ほこ)りです。採石場に生きるすべての動植物にありがとう。自然を大切に想い、働いている仲間にありがとう。
企業活動と自然との調和を大切にしている会社にありがとう。すべてのものが生きる地球にありがとう。
最後に、地球を削(けず)ってゴメンナサイ。必ず森林に復元(ふくげん)します。

あなたにありがとう!
今年結婚30周年を迎えました!夫婦お互い元気で生かされていることに
感謝しつつ、1日を終えた後の「お疲れ様、今日もありがとう」の主人との乾杯(かんぱい)!!
この至福(しふく)のひと時にありがとう!です。
本当にありがとう!ありがとう!                のぶリン

八代平野と球磨川の恵にありがとう!
私たちの愛する八代市は広大な農業基盤(きばん)の恵である“母なる八代平野”と、その農業平野に必要な水を供給してくれる“父なる球磨川”に守り育てられています。どうか、今の本当の幸せな暮らしが続くように、限りある自然を大切にしていきましょう!八代平野と球磨川にありがとう!

すべてにありがとう!
地球にありがとう! 両親にありがとう!   家族にありがとう! 職場のみんなにありがとう!
食べものにありがとう! 光にありがとう!  神様にありがとう!
すべてに、すべてにありがとう!                     鏡町 Y.M
天国の母へ・・娘から               
ただ一人の兄が戦争に駆(か)り出され、満州の地で終戦前の8月9日ソ連の参戦により、終戦の8月15日、行方不明になりました。
  母は、きっと息子は生きている!と信じ、十数年毎日影善(かげぜん)を供え続けました。終戦記念日に兄が母の枕元(まくらもと)に立ち、「お母さん、ぼくは8月15日未明、戦死したんだよ。」と告げたそうです。
母は驚き、「戦死しているのなら供養(くよう)しなければ」と戦死をやむなく認めたのです。 長い年月、行方不明のわが子の無事を待った母の気持ち・・・・。
今、3人の子を持つ私は母が哀(あわ)れでなりません。
  せめて兄の分も母に孝行したいと思いました。そのお陰で、三人の子供たちも母を大切にしてくれました。天国の母に感謝・・・・そして ありがとう!
82歳 鏡町 T・T
私を産んでくれたお母さん「ありがとう」
私は、このごろ、家族とまともに話していませんでした。でも、この「ライトダウンinやっちろ」のおかげで、家族とたくさん話せてよかったです。            あかちゃんより

生かされている命
今年の4月乳がんの手術をし、今ホルモン治療をしています。検診で命拾いをしました。
経過観察中ではありますが、健康でいられるこの大切さを身にしみて感じています。死が目の前に現れ始めて家族や回りにいる大切な人達のおかげで生かされていることを痛感しました。生かされた命を沢山の感謝とともに大切にお返しする生き方をしていきたいと思っています。
                              熊本市 ダンシングクイン―ン

かあさんへ
 かあさん、痛がっとった足の痛みはどやんかい?
3年前に一人で天国さんいたぁ~て、こん冬になると、さすがにこたゆ~る。
今じゃ、正月に孫が来てくるる事だけが楽しみ。かあさん、かあさんの味噌汁、たべよ~ごた。
なして、いあっぱい「うまかぁ~」て言わんだたろか!それだけが心残り。あや~んすきだったて。
天国では、まずそっば、謝るけん。それまで、しっか~上から見取ってくれな。                 匿名希望

P16


★クラスのみんなへ

 

いつも、遊んでくれてありがとう。たまにケンカもするけど、ずーっとなかよしでいてね。
                                      いぶき

献血のお手伝いをしています
先日、献血は初めてだという50歳くらいの方がお見えになりました。残念ながら比重に達していらっしゃらなっかたため、お帰りになったのですが、新聞で重い心臓病を患った男の子がアメリカへ移植手術に出発するという記事をみて、自分も何かお役に立ちたいとお見えになったのでした。
注射は大の苦手で、今では素通りしてきたそうですが一大決心して献血自動車を訪ねてこられたのです。そのお気持ちにスタッフ一同感服し、世の中捨てたものじゃないなと思った出来事でした。
 その気になれば人のために出来ることがまだまだいっぱいあると、このライトダウンの日に思い参加しました。優しい気持ちをいただき、ありがとうございました。        飛行機雲

P16


 
愛する家族へ・・・

 

先日、愛犬が11年の生涯を閉じた。それは突然で、海外へ単身赴任している私は、
その姿を見ることも、ましてや頭を撫でてあげることも出来なかった。
 11年の愛犬との想い出は、子供の成長時期とも重なり楽しい事やつらい事、悲しい事、沢山有る。八つ当たりした事もある。でも愛犬は、いつも裏切ることなく家族と一緒に居て癒してくれた。
人間の争いを鎮めてくれる事も有った。それは「忘れられない贈り物」となった。
 海外の単身赴任での生活は、家に帰れば家族が待っているという気持ちが心の支えとなる。
その気持ちは、生み育ててくれた親は勿論、兄弟姉妹、親戚知人など人との関係や故郷の自然や想い出が育んでくれたと思う。
 だからこそ今こうして普通の生活が出来ていることへの感謝の気持ちを大切にしたい。
 中国に「謝天謝地」という言葉が有る。日本語の意味は「ありがたや~」「超ラッキー!」と
いうようなニュアンスであるが、私は、森羅万象に感謝の気持ちを持って行動していればきっと良い事になりると自分なりに思っている。私の子育ての信条には、3っつの言葉を掲げている。
「挨拶」「自律」そして「感謝」である。それぞれの説明は省くが、感謝の心が有るからこそ、人が人とそして自然と共存して行けるものだと信じている。
 愛犬は、正月に帰省する私を骨壷の中で待っている。     
2008.12.22 北京在住:KT

健康に感謝しような・・・
お盆休みを兼ねて子ども達が還暦祝いをしてくれました。プレゼントに旅行クーポン券をくれました。赤いチャンチャンコを着て、恥ずかしく、素直に喜べず、はにかみながら・・・。
 さらに、娘から思わぬプレゼントが!それは「お父さん!赤ちゃんが出来たよ!6月に亡くなったおばあちゃんの生まれ代わりかもね。まだ安心できないけど。」細い目を更に細く。腫れた眉毛を
更に垂らして、笑顔で!
 私の心の中で「ばんざ~い」と、何度も叫びました。娘には以前に卵巣の手術を受けていたので、
もしかしたら、授からないのでは・・と心配していました。
 還暦のお祝いも、そのプレゼントも勿論嬉しかったけど、何より娘の報告は、もう天にも昇る気持ちでした。それから10日目のことです。娘から電話で「お父さんごめんね。流産しちゃった・・」
その時は大泣きしたけど、吹っ切れたからもう大丈夫だよ」と。S子よ、残念だったね。でも僅か10日間でも幸せな気持ちを味あわせてくれてありがとう。今まで色んな嬉しさを経験したけど、また格別な嬉しさだったよ。それより、御前が心身共に健康を回復し、夫婦仲良くしていることが、父ちゃんにとって最高のプレゼントだよ!またチャンスはあるよ!   ポンポコ父ちゃんより


本番前に寄せられたメッセージ
★今年も手づくり廃油ローソク作りました。ローソクの炎ってとても心温まり幸せを感じます。おばあちゃん達にも配り、「25日参加してください」とお願いしました。これからも我が家のクリスマスを親子の語りの時間として続けて行きたいです。               古麓町  佳奈
★こんばんは!私は芦北町に住んでいるので今日の「ライトダウンin八代」には遠く葦北町から参加させていただきます。ラジオも電波が届かないので聞くことはできませんが、心の中で八代のみなさんと一緒にカウントして15分間の大切な夜をすごしたいです。
                                      レントン
★45分前に家の電気を消して、近所を散歩しながらラジオを聴いています。夜空には星がきらめいています。なんだかいつもより綺麗に見えるのはライトダウンのおかげ?改めて綺麗な空気、星空、自然の音を感じることが出来ました。大切にするべきものを、たった15分間かも知れないのですが、わかったような気がします。地球にありがとう!             匿名希望
本番後に寄せたれたメッセージ
★エフエムやつしろのラジオを聴きました。親子4人でゆっくり団らんできていい体験をさせてもらいました。これからもこの企画がどんどん広がっていってくれたらと願っております。あと、普段の生活の中でも、なるべく節約に掛けなくてはと改めて実感させられました。
★布団の中にいました。子どもから進んで「今日は消すばい」「15分間よ」と積極的に参加していました。
★終了後電気をつけたとき、「まぶしい」と子どもたちが言ったのが印象的(いんしょうてき)でした。
★子どもとおしゃべりしました。「電気はとっても大切で、限りある資源(しげん)なんだよ」など。楽しみにしていた子どもたちは寝てしまい、1人でぼーっとしていました。月明かりがきれいでした。
3人で話しながら、近くのコンビにまで散歩をしました。橋の上で街の灯りが(パチンコ屋など・ゆめタウンとか)消えるのを確認し帰った。
夜散歩することないので“もったいない”の話をしながら楽しかった。
★子どもが何で暗くするのか?聞いてきたのに答えたり、暗いところでの変化に感じたことを伝えたりしました。
★ロウソクに火をつけ薄(うす)明かりの中で遅めの晩御飯を食べながら、電気のない時代の生活について子どもたちに説明をしました。
★ロウソクを付け、影絵をしました。15分という時間はとても短く感じました。環境問題を語れる雰囲気(ふんいき)ではまだなかったようですが(子どもが小さい)いずれロウソクを囲んで語れるようになりたいです。
★家族4人リビングに集まりお互いに「ありがとう」のメッセージを言い合いました。普段、面と向かっては恥ずかしくて言いにくい言葉だっただけに照れくさかったけど、それぞれの正直な言葉を聞き、感動しました。私は涙がこぼれる程でした・・・。
★こんな素敵な時間を過ごす事が出来、とても幸せです。よい機会をありがとうございました
                              ラジオネーム:涙もろいママ
 まだまだたくさんのメッセージを戴きましたが、
全部をご紹介できないことをお詫び申し上げます。

最近の更新