2013/11/29(金)

H22・23・24年度小水力記事

8/28 小水力発電現地見学会 記録

小水力発電現地見学会 記録
 
農業用水路や砂防堰堤を活用した小水力発電のあり様と発電所の運営に関する理解を深めるため、現地見学会を次の様に実施した。
1.実施日 平成24年8月28日(火)
2.参加者数 24名
3.旅程 7:45 くまもと温暖化対策センター集合
8:00 くまもと温暖化対策センター出発
8:30 熊本県庁時計前ピックアップ
10:00 山都町清和水力発電所見学
11:30 山都町清和文楽邑昼食(文楽館休館)
12:15 清和文楽邑出発
13:00 宮崎県日之影発電所・見立取水堰、棚田見学
15:30 同上出発
17:30 県庁前着
18:00 くまもと温暖化対策センター着
4.記事 雨がちらつく天気であったが、特に支障なく予定通り実施した。
前日までの降雨による水量増加により、両発電所ともに運転を停止していた。また、清和発電所は、今年度施設内見学を実施しておらず、外からの見学となったため、資料として内部の写真が配布された。
 日之影発電所は、土地改良区職員の3名の方に発電所の説明を担当いただいた。「河川増水時は、発電機が水位より低くなることがあり、河川水の逆流による浸水を防止するため、パッキンを装着している。」「16kmに及ぶ水路建設により209mの有効落差を生み出し、2,300kWの出力を有している。」「土地改良区組合員の負担金が大幅に軽減され、経済的に大きく貢献、30年の償還を終えようとしている。」ことなど、感慨深い内容であった。その後、16kmに及ぶ水路をバスでたどり頭首工を見学した。
予定より1時間ほど遅れて全ての予定を終了した。

お知らせ

第2回全国小水力サミットが富山県で開催されます。
開催場所は黒部市の予定です。
全国から小水力発電に関心を持っておられる方がたくさん集まられます。
展示、発表、講演や現地見学など研修には最適です。
時期は10月から11月ごろかと思っています。
心の準備が必要かと思い早めに概略をお知らせします。

小水力発電に関する多様な情報の提供について
現在、全国小水力利用推進協議会との連携で小水力発電に関する情報を会員あてに送信しています。
情報を希望される方は会にご加入いただきますとリアルタイムの情報が得られます。
是非、温暖化対策センターの会員になってください。
年会費 1,500円です。

徳島県が水の話で熱い!

 「エネルギーは徳島でつくる」
 徳島県小水力利用推進協議会が主催したシンポジュームに参加してきました。
 2月28,29日の両日とも100名近くの参加がありました。
 会場からの質問も活発で参加者の熱意を感じました。
 飯泉徳島県知事も協議会の顧問で懇談会やシンポにも参加されました。
   
  熱心な参加者                   徳島県知事と一緒に
  吉野川の支流には沢山の可能地があるようで、
  四国電力が廃止した小さな発電所跡巡りなどもありました。
  発電所跡の博物館

 早速、清和発電所の見学の申し出や全水協への可能性調査の申し出がありました。
 山村は生活に厳しい条件で過疎となり、限界集落となりました。
 そんな山村に水の落差エネルギーは豊富にあります。
 この瞬間も無料の水の落差エネルギーが止むことなく無駄に流れているのです。
  
 この厳しい所を水の落差エネルギーで再生させたい
  「農業の砦のごとき石積みの棚田に一人鍬打つ農夫」        (文責:兼瀬)

第1回 全国小水力発電サミット in 都留

平成22年10月16日(土)~17日(日)
第1回 全国小水力発電サミット in 都留 が開催されます。
詳しくは下記ファイルをご覧下さい。
開催概要 プログラム案
開催概要 プログラム案

 

~全国農業新聞(4/2)より~

「全国農業新聞」 平成22年4月2日付
記事「農業・農村の6次産業化1回」の記事の中で小水力に触れた部分がありましたので
抜粋します。

「農村資源を活用した発電による電力の全量固定買取制度の導入など
自然再生が可能なエネルギーの拡大も進める」とありました。
↓web上の記事バックナンバー
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=1628
政府がこのような方向で動いてくれると、中山間地の農業再生に期待が高まります。
兼瀬

再生可能エネルギー全量買取制度オプション説明会

~九州経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー対策課より~

九州経済産業局では、4月13日(火)、福岡市にて、再生可能エネルギー全量買取制度オプション説明会を開催します。

本説明会では、制度の基本的考え方、買取対象、買取価格・期間、負担等に至るまで、 出来るだけ分かりやすく説明し、皆様からのご意見等についても広くお伺いします。

説明会の内容及び申込み方法等につきましては、下記HPをご参照下さい。
http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1004/100401.html

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 経済産業省 九州経済産業局
 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課 松枝賢治
 TEL 092-482-5475
 FAX 092-482-5962
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最近の更新